ヒヒの薪ストーブ

今年はヨーロッパへ行く機会が何度かありました。

泊まった宿に変わったストーブがあったので紹介しておきます。



DSC05544


ヒヒですかね?


DSC05543


ヒヒの薪ストーブです。


DSC05536


お腹で焚くようになってます。


DSC05539


お腹を閉じちゃうと炎は見えませんが。

開けっ放しで暖炉のように焚いてもいいのかな?


DSC05550


この宿はベルギーにありましたが、

このストーブはフランスのデザイナーによるものだそうです。

焚いてる状態が見れなくて残念でした。

足から頭まで、ヒヒ全体が熱くなって放射してくれるんだろうな。





薪づくり

薪づくりにも精を出しています。



DSC01428


DSC01429


ちょっと前、友達も混じってみんなで薪割りしました。


DSC01239


みんなでやると楽しいね。

息子も大きい斧使って、いっちょまえになってきました。


DSC01532


これ、全て妻が割った山です。

いい嫁さんもらいました。


DSC01529




桐の薪

久しぶりの更新です。

ブログはほったらかしですが、薪ストーブはちゃんと燃えてます。

最近焚いてる桐の薪が意外と悪くないので報告しておきます。


敷地内に桐があり、2年前に邪魔で切ったことがあります。

スカスカで軽く、薪には使えないな、と思いながらも

ウッドバックに入れておいたのですが、それを最近焚いてます。

これが意外とまんざらでもないです。


DSC01586


桐の薪です。

割ってないですが、2年ほど乾燥させました。

スカスカで、めちゃくちゃ軽いです。

ふ菓子みたいなもんです。


DSC01595


適当に積んで着火。


DSC01597


着火用に、ナラの切れ端と新聞紙少々。


DSC01610


よく乾いてて順調に火が回ります。


DSC01638


追加して温度を上げていきます。


DSC01643


さらに追加して。


DSC01653


いい感じになってきました。

全然問題ありません。

ふ菓子のような軽さなので、あっという間の火持ちかと思いきや、

重量の割には意外と長く燃えてます。

熾がスカスカだけで、燃えてる時の姿は気に入りました。

なんか軽やかな炎です。

温度が上がってなくても、炎の先に黒煙がつくこともありません。

きれいで軽快な炎です。

使えます。


DSC01688


熾がスカスカなのも、今の時期には逆にいいです。

竹はあきらめましたが、桐はありですね。

薪を自家栽培するなら桐かもしれません。(しませんが)

恐ろしいほどの成長力ですから。

自家栽培なら竹かな、と思ってたけど、

竹を薪にするにはチップを圧縮するなど加工が必要でしょう。

そのままではやはり無理です。

桐は行けます。





クズ薪

ブログの更新をさぼってる内にもう春だ。

もう桜が散りかけてる。

あっという間にシーズン終了。 ^^;


3シーズン目もS43は大活躍してくれてました。

今シーズンは薪の消費が少なかった気がします。

多分、はしゃいでた頃は無駄に深夜まで焚いてたんですね。

無駄焚きがなくなっただけ、まともな消費量になってきたかも。


もう春とは言え、雨が降るとちょっと肌寒いです。

そんな時は迷わず火を入れますが、今はクズ薪が多いです。

こんなのを処理してます。


DSC05958



DSC05956



DSC05959



ゴミみたいなもんだけど、これでもちゃんとあったかいんですよね。

こういう、ゴミが燃料になる、っていうのも薪ストーブの魅力の一つで、大好きです。

変なのを燃やすは実に楽しい。

DSC05962

追加薪に忙しいですが、ちゃんと温度が上がっていきます。

ちっちゃいのだけだと巡航運転は厳しいけど、これはこれでオッケーです。






月食

先日、皆既月食の観測を楽しみました。

って、ちょっと古い話ですいません。


DSC03252


観測しやすい時間でありがたかったですね。


DSC03290


夕飯を食べながら観測。

夜はもう涼しいので焚き火をガンガン焚きました。


DSC03334


果敢に iPhone で月食を撮影しようとする人たち。


DSC03399


デザートは焼き芋で。


N04_0203


望遠で撮ってみたけど、月って動きが早いね。

スローシャッターだとすぐ流れてブレちゃいます。


DSC03434


最後、子供はもう眠くなってグダグダでした。


天体ショーは好きです。

世の中、みんなそれぞれ色んなこと考えて色んなこと抱えてるけど、

そんなみんながシンプルに一つのことに注目して楽しめる天体ショー、いいね。



ところで、もちろんもうストーブは焚いてます。


DSC03521


写真は10月13日に初焚きしたときのもの。


DSC03538


今年もシーズンがはじまりました。





竹薪づくり

伐採後の竹がまだ大量に残ってたので片付けました。


DSC02845


姪っ子も集まってみんなで作業。

いや〜〜、みんなでやると捗るねぇ〜。


DSC02857


前は一つ一つ割ってたけど、もうやってられません。

玉切り(?)したらそのまま積んどきます。


DSC02872


乾いたらとっとと焚いて処分です。


DSC02873


薪ストーブより焚き火で焚いちゃう方が多いかも。

これだけあってもあっという間です。


ところで、息子が得体のしれない生物を発見。


DSC02810


どうやらヒルのようです!

頭の形がなんとも怖い!

こんなサメがいたような。

ひぇーーーーー!






3シーズン目の仕様

昨シーズンは、シングル煙突、煙突触媒、煙突ダンパー、蓄熱ストーンなど、

色々と遊びましたが、それを踏まえて今シーズンもまたちょっと変えます。

遮熱板の追加、ダンパー位置の変更、蓄熱ストーンの除去、などをしたいと思います。


DSC03067


遮熱板はホンマ製作所。

安いし、これで十分ですね。


DSC03068


室内をシングルに変えてから暖房効率はぐっとよくなったと思います。

その変わり、壁の温度がちょっと気になってたので、この遮熱板を取り付けます。


DSC03083


取り付けました。

もうちょっと短くても良かったかな。


DSC03082


煙突ダンパーはぐっと下に下ろしました。

ハンドルが手前だと邪魔なので、横向きにしました。

自作ハンドルは取り外し、純正ハンドルだけで。


DSC03084


ストーブの側面と後方に設置した200キロのストーンは全て除去しました。

そんな重い物をくっ付けても、それほどいい効果は実感出来ませんでした。

ので除去です。

あぁ〜、すっきりした。


バックパネルも真面目に取り付けて、サイドパネルが落ちないように戻しました。

側面のサイドパネルが何度か落下しましたが、オフシーズン中、

子どもがストーブ近くで遊んでる姿を見て怖くなりました。

ストーブ下に入ったボールやおもちゃを取りにいくからね。

重いサイドパネルが簡単に落ちるような状態は、

そりゃぁダメですよ、お父さん!



とまぁ、ごく普通の仕様にしたという感じです。

今シーズンは基本に戻って焚いてきます。


あ、エルボの遮熱板は取り外したままで行きます。

うちの炉壁なら大丈夫だと思います。たぶん。





薪ストーブ本体の掃除

S43本体の掃除をしました。

本体はもういいかなぁ、と思ってたけど、

煙突掃除すると気になってきて、バラしてみました。


DSC03019


まずはバッフル板。

去年同様、上に灰が沢山積もってました。


DSC03020


灰を取ってきれいに。


DSC03023


バッフル板の痛みも気になるところ。

だいぶ曲がってきてます。


DSC03029


ヒビも去年より増えてるね。

3カ所ぐらいにヒビがある。

なんか、パキッ! っていっちゃう気がして慎重に持ち運びました。

炎があたる下側は、指で引っ掻くとぽろぽろと取れてくる感じです。


DSC03032


鋳物のインナープレートも取り外しました。

去年、錆びとり&塗装作業をしましたが、今年はするつもりありませんでした。

でも、取り外してみるとそれなりに錆びてるのが分かります。

特に左手前、目につかない所が錆びてる。


DSC03033


灰に埋まってたロストルはほとんど錆びてません。


DSC03040


結局、去年同様、全部磨いちゃいました。

錆取り作業って、A型には向かないですね。

どこでオッケーを出すかは人により違うんだろうな。


DSC03041


純正耐熱スプレーで塗装しちゃいます。


DSC03050


見る見るきれいになっていきます。


DSC03042


あぁ、、、今年もピカピカにしてしまった。

ここまでする必要なんて、きっと無いです。


ちなみに、この純正の耐熱スプレーは京阪系のお店からしか買うことが出来ないようです。

なのでもっと安価で似た色がないか探してみました。

グレーの耐熱を見つけたので試しに使ってみましたが、やっぱり全然違いますね。


DSC03061


両方スプレーして比較。(左:純正、右:ニッペホームペイント)

写真だと分かりにくいですが、ネスターの方が圧倒的にカッコイイ色です。

黒でもなく、灰色でもなく、輝きがあって品のあるネスターグレー、グラファイト。

この色がいいんです。


ところで、鋳物プレート以上に気になるサビサビ部分があります。


DSC030082


B-TOP のフィンです。

かなり錆びてます。


DSC03008


アップだと、見えるでしょうか、ペラペラに剥離した部分が。

擦ると、ポロポロと落ちてきます。


DSC03016


こんなのがいっぱい取れました。

すごい錆です。

まぁ、B-TOPのフィンは錆びても薄くなっても問題ないでしょうが、

こっちは本当に心配です。


DSC03056


S43の本当の本体、スチール板の部分です。

去年より錆がかなり進行してる。

この部分が朽ちてくのはそのままS43の寿命につながるんでしょう。

この写真に写っている部分よりも、天井部分、B-TOPフィンの手前部分が一番酷いです。

最も高温になる部分かな。

そこは錆による剥離もありました。


DSC03058


ん〜〜、S43の寿命ってどれぐらいだろう、、、って考えながら、

軽くブラシをかけて浮いた錆だけ落とし、

とりあえず黒の耐熱スプレーでも掛けておきました。


DSC03062


鋳物プレート、バッフル板を取り付けて、とりあえず新品状態にリセット。(見た目は)

繰り返しますが、炉内をここまできれいにする必要は無いと思います。はい。

それに、やるなら5月だね。

ちなみに、このS43は2シーズン焚いた後の状態です。

2シーズンで、だいたい13〜15トン(原木時)ぐらい焚いたと思います。

たぶん。





煙突掃除

やっと煙突掃除をしました。


DSC02879


5月にはやろうと思ってたけど、結局シーズン直前だ。


DSC02882


まずはトップと1m部分を外します。


DSC02883


ここからブラシを突っ込みます。


DSC02889


掃除前


DSC02890


掃除後


DSC02927


今回、息子は屋根の上を怖がっていた。

去年は平気だったのに。

世の中の危険を知ったのね。


DSC02977


トップ側とストーブ側の取り外した部分は庭へ出して掃除します。

このあたりはほとんど息子がやってくれました。

まだ素直に付いてくる小学1年生。

高校生になっても手伝ってね。


DSC02944


ダンパー部分の煤の量は、思ったほどでもなかった。

触媒を入れたりしてた頃は数週間でたっぷり付いてたので、

ちょっと心配でしたが、それほどでもないですね。


DSC02992


塗装が剥がれてる部分をスプレーしておきます。


DSC03001


収穫出来た煤。

どんぶり2杯ぐらいかな。

去年より多いけど、全部サラサラ・フワフワなので、まぁいいでしょう。

ストーブから1mをシングルにしたことによる煤の増加はあるだろうけど、

問題になるほどではないですね。

昨シーズンは、就寝前にガツンと入れて朝までチョロチョロ焚き、

っていうのを多くやったので、それも煤を増やした原因かな?


DSC02995


トップ側、装着完了。

担いだ時、ほっぺの油がついちゃった。

脂性なので。


DSC03004


最後に室内側の煙突部分を改良します。

ダンパーの位置を下げることと、遮熱板の取り付けをします。

この日は時間切れで終わらなかったので、また後日。





かわいい栗

今年も栗が取れ始めました。


DSC02573


8月の終わり頃から落ち始めるのは去年と同じだ。


DSC02576


一日置くと、これぐらい落ちてます。


DSC02578


イガに包まれた栗ってなんかかわいくて、

毎年同じことなんだけど、つい写真撮っちゃいます。


DSC02582


今年も妻が忙しい。

手間、かかるからねぇ。